いくら必要か確認
ソファに寝転び見つめる女性

遊びにお金は欠かせません。百円玉があって初めてUFOキャッチャーが動くように、たとえば風俗で遊ぶときもお金が必要なのです。もちろん百円玉では遊びに行けません。
ところで、風俗の場合は、女の子とのプレイをするための料金と、女の子を指名するための料金と……というふうに、いろんな料金が掛かります。総額を計算して、財布に入れて、利用しに行くべきなのです。
東京の吉原にある高級なソープランドの場合も総額を計算する必要がありますが、吉原の高級ソープの場合は、たとえば新宿のデリヘルのように簡単に計算することはできません。なぜなら、お店に問い合わせて初めてそれは知ることができるからです。
新宿のデリヘルだったら、デリヘルのHPを見て、料金案内のページに書かれている金額を用意すれば良いのですが、高級ソープランドの場合は、HPに「総額」が載っていない場合が多いのです。吉原のソープランドのプレイ料金は、「入浴料」と「サービス料」から成っていて、HPでは高級店ほど、「サービス料」を載せていないのです。
これは、昔ながらの習慣から来るものとされています。吉原は歴史を持つ街ですから、そういう伝統が今も生きているわけです。
というわけで、吉原の高級店に挑戦しようというときは、お店に問い合わせの電話を入れましょう。特に、高級店は初めてで、普通はどれくらい掛かるのかという知識も持っていない場合は、問い合わせは必須です。
問い合わせをすれば、丁寧に教えてもらえます。